防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう) 350錠【第2類医薬品】 一元製薬関節炎、関節リュウマチ、肥満症の漢方薬

壮快ネットは昭和51年創業の全国に薬店を展開する(株)SLCが運営しているオンラインショップです。
1万円以上お買上げで送料無料
文字の大きさを選択 文字を小さく 文字を標準に戻す 文字を大きく
お買いものカゴを見る

人気商品ランキング

トップページ > 医薬品 > ダイエット・ 糖尿 > 防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう) 350錠【第2類医薬品】 一元製薬

防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう) 350錠【第2類医薬品】 一元製薬

防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう) 350錠【第2類医薬品】 一元製薬

5%ポイント還元

商品番号 92

当店でこの医薬品を初めてご購入いただく方は、ご注文後、いくつかの質問にご回答いただき、薬剤師がお薬をご使用いただけるかについてお知らせいたします。2回目以降の方も、下記の質問のご回答内容によっては、薬剤師がお薬をご使用いただけるかについてお知らせいたします。

販売価格:3,780円(税込)

◆会員の方には 【 180 】ポイント進呈

この薬を服用したことが
現在、他の薬を服用している
お薬でアレルギー症状が出た経験が
現在、妊娠、もしくはその疑いがある
現在、授乳中ですか?
15歳未満である
この薬について質問がある
数量
商品到着後8日以内にご連絡頂いた場合のみご返品に対応いたします。※詳しくは「返品特約詳細」をご覧ください。


お電話でのお問い合わせ・ご注文はお気軽に!フリーダイヤル:0120-25-4567
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

関節炎、関節リュウマチ、肥満症の漢方薬

関節炎、関節リュウマチ、肥満症の漢方薬です。

規格350錠
原材料(本品100錠中) 別紙規格オウギ末:5.6g 日局ビャクジュツ末:3.2g 日局ショウキョウ末:3.2g 日局カンゾウ末:1.7g 別紙規格(1)ボウイ末:5.6g 別紙規格(2)タイソウ末:3.2g 自社製別紙規格水性エキス(防已黄耆湯エキス):2.5g 日局ボウイ:6.0g 日局オウギ:6.0g 日局ビャクジュツ:3.6g 日局ショウキョウ:3.6g 日局タイソウ:3.6g 日局カンゾウ:2.2g
効能・効果体力中程度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向のあるものの次の諸症:
肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみ、多汗症、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)
ご使用方法食前1時間、温湯で服用する。 年齢 1回量 1日服用回数 大人 6錠 3回 7-13歳迄 3錠 「用法・用量に関する注意」 小児に服用させる場合は保護者の指導監督のもとに服用させること。
保存上の注意1.小児の手のとどかない所に保管してください。
2.直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない、涼しい所に密栓して保管してください。
3.誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れないこと。
4.保存の状態が悪いと、場合によっては虫、カビ等がつくことが考えられますので、上記の注意を必ず守って下さい。
注意事項相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感

まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
メーカー名一元製薬株式会社
販売者一元製薬株式会社

店舗の管理及び運営に関する事項
許可の区分 店舗販売業
店舗開設者の名称 株式会社SLC
許可番号 第0601150169号
発行年月日 平成27年9月30日
有効期限 平成27年10月3日〜平成33年10月2日
店舗管理者 資格の名称 薬剤師
氏名 栗原 雅明
登録番号 第218795号
登録先都道府県 埼玉県
取り扱う一般用医薬品の区分 第2類医薬品・指定第2類医薬品・第3類医薬品
当該店舗に勤務する者の名札等による区別に関する説明 薬剤師及び登録販売者は白衣を着用し、薬剤師及び登録販売者であることを示す名札をつけています。
営業時間 実店舗営業時間
10:00〜18:00(日祭、年末年始は除く)
なおインターネットでは24時間ご注文頂けます。
勤務する薬剤師及び登録販売者 栗原 雅明(薬剤師)
月・火・水・木・土 10:00〜18:00(祭日は除く)
早川 明美(登録販売者)
火・水・木・金・土 10:00〜18:00(祭日は除く)
相談応需を受ける連絡先 03-3252-8677
相談時及び緊急時連絡先 03-3252-8677
医薬品の使用期限の表示について 使用期限が180日以上のものを販売しております。
郵便等販売届出書の記載事項
許可番号及び年月日 第0601150169号 平成27年10月3日
店舗の名称 壮快生活 神田本店
店舗所在地 東京都千代田区鍛冶町2-7-2 後藤ビル3F
販売方法の概要 インターネット・電話・郵便振込等で受注
宅配便にて発送
届出年月日 平成27年9月17日
届出先 千代田区千代田保健所
要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項
要指導医薬品、一般用医薬品の定義及びこれらに関する解説 要指導医薬品
下記のイからニに掲げるもののうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものであり、かつ、その適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なもの。
イ 再審査を終えていないダイレクトOTC
ロ スイッチ直後品目
ハ 毒薬
ニ 劇薬
一般用医薬品:第1類医薬品
その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうちその使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するもの及びその製造販売の承認の申請に際して薬事法第14条第8項第1号に該当するとされた医薬品であって当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
(一般用医薬品の中で特にリスクが高い医薬品を指します。)
一般用医薬品:第2類医薬品
その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品(第1類医薬品を除く。)であって厚生労働大臣が指定するもの。
(一般用医薬品の中でリスクが比較的高い医薬品を指します。)
一般用医薬品:指定第2類医薬品
第2類医薬品のうち、特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの。
(一般用医薬品の中でリスクが比較的高い医薬品を指します。)
一般用医薬品:第3類医薬品
第1類医薬品及び第2類医薬品以外の一般用医薬品。
(一般用医薬品の中で比較的リスクが低い医薬品を指します。)
要指導医薬品、一般用医薬品の表示に関する解説 要指導医薬品は、「要指導医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
一般用医薬品のリスク区分ごとに、「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
一般用医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。また、直接の容器又は直接の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。
※ 当店は、要指導医薬品、第1類医薬品は扱っておりません。
※ 下記リスク分類表示しています。
第2類医薬品には・・・・・・【第2類医薬品】
第3類医薬品には・・・・・・【第3類医薬品】
要指導医薬品、一般用医薬品の情報の提供に関する解説
医薬品のリスク分類 対応する専門家 情報提供等 相談があった場合の応答
要指導医薬品 薬剤師 書面で情報提供及び指導 義務
第1類医薬品 薬剤師 書面で情報提供 義務
第2類医薬品 薬剤師又は登録販売者 情報提供は努力義務 義務
第3類医薬品 薬剤師又は登録販売者 薬事法上定めなし 義務
要指導医薬品、一般用医薬品の陳列に関する解説 ・要指導医薬品は、要指導医薬品陳列区画のカウンター内部若しくは鍵をかけた陳列設備に陳列しています。
・第1類医薬品を、第1類医薬品陳列区画のカウンター内部若しくは鍵をかけた陳列設備に陳列しています。
・指定第2類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。
・第2類医薬品、第3類医薬品を混在しないように陳列します。
※ 当店は、要指導医薬品、第1類医薬品は扱っておりません。
医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説 医薬品被害救済制度とは
医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や
障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。
使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、
薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、
これにより被害者の救済を図ろうというのが、この医薬品副作用被害救済制度です。
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 www.pmda.go.jp
救済制度相談窓口 電話: 0120-149-931(フリーダイヤル 相談受付 9:00-17:00)

お問い合せ先
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 www.pmda.go.jp
救済制度相談窓口 電話番号:0120-149-931 受付時間:9:00-17:00
健康被害救済制度

 

商品や飲み方についてなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
当店専属の薬剤師がお答えします!

メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ
メールでお問い合わせ フリーダイヤル 0120-25-4567

実店舗の外観と商品陳列状況
実店舗の外観と商品陳列状況

このサイト上の文章・写真などの著作権の全般、または一部を当社の了承なく複製、使用することを禁じます。
© 2015 SLC Corporation